環境保護にも貢献できる!太陽光発電投資の概要とメリット及び注意点を知ろう

太陽光発電投資の概要を理解しよう

太陽光発電投資とは、大手電力会社が安定価格で最長20年間も電気を買取ってくれる制度を利用した非常にローリスクな投資方法のことです。現在、太陽光発電によって生み出された電気の買取り基準は2種類あるんですよ。ひとつは余った電気を買取る住宅用で、もうひとつは全部の電気を買取る産業用です。前者は文字通り家庭での利用を想定したもので、投資というよりは光熱費を抑える効果が目的になり、売電期間は10年が限度。全量買取りをして貰える産業用は投資効率が良く、期間も20年と長いんです。ですが産業用は1000万円単位の資金が必要となるので、かなり敷居が高いかも知れません。

太陽光発電投資のメリットを知ろう

その投資を国が補償してくれるとしたら誰でも安全だと思いますよね?そんな夢のような話を実現したのが太陽光発電投資なんです。太陽光発電投資のリスクを限りなく低くしたのが固定価格買取り制度。文字通り、安定価格で売電出来ることを国が補償してくれているんです。もうひとつのメリットは、融資を受けやすいこと。リスクが低い投資ですから、国や地方自治体から有利な条件で資金を引き出すことが可能です。もうひとつのメリットが、エコに貢献出来ることです。太陽光発電装置は二酸化炭素を出さないですから、環境保全に貢献しているという満足感を得られます。

太陽光発電特有の注意点を認識しておこう

太陽光発電投資を実際に行う上での注意点のひとつが固定費です。常に発電量を最大化するためには多くのメンテナンスが必要ですから、当然そのための費用が掛かってしまうんですよ。たとえばソーラーパネルの掃除や、変電システムの点検、耐用年数の低い部品の交換などが固定費に該当します。それ以外にも、土地を購入している場合は固定資産税、借りている場合は貸借料が発生します。もうひとつの注意点は、必ずしも発電量が安定しないことです。雨の日は当然太陽光が届きませんから、発電量は激減してしまいます。以上の固定費や日照量などに注意して、最終的な実質利回りを算出し、適切な投資先を選びましょう。

太陽光発電の価格は、初期投資は高額ですが、その後の月々の光熱費は大変安くで済みます。また、地球環境にも優しくて、すごく魅力的です。